no wifeなmy life!

結婚したい中年リーマンのブログです。

地雷を踏み抜け

前回のエントリーにコメントをいただき、こちらのブログに寄稿させていただきました。お誘いいただきありがとうございました。


ブログやってると色んな出来事が起こるもんですね。まさか人様のブログに私が生産した駄文を掲載していただけることになるとは思いもしませんでした。これからは料理に関してはこちらでも書くかもしれません。料理ネタはまだあるのでまた書きたい。

 

 

でもね、忘れちゃいけないよ。私の本懐はあくまでも結婚。全ての行動は結婚までの過程に過ぎないのだ。このブログだって広大なインターネットで私を結婚へと導くツールなんです。

今回は独身男性からの『なんか書いて』の依頼でしたが、次回は独身女性からの『結婚して』の依頼が来ないとも限らないじゃないか。まぁそんな依頼が来たところで見えてる地雷なんですが。

 

 

でもね、地雷を踏み抜いてこそ幸せを掴み取れるんじゃないかな。とも思うんです。さすがに見えてる地雷は踏みませんが、地雷かも。。くらいなら積極的に踏んでもいいんじゃないか。もしかしたら黄金が埋まっているかもしれない。

 

かつてレオナルド・ダヴィンチは言いました。

『幸運の女神に後ろ髪はない。』

その通りだと思います。ボヤボヤしてたらチャンスなんてどんどん過ぎ去っていくし、後で気がついても取り戻せないものなんだ。私としては前髪とかケチなこと言わずに鼻毛をブチ抜いていきたい。僅かなチャンスも取り逃がさない。そんな覚悟ゆえに怯んでいる暇はないんだ。

 

 

まぁブログでは勇ましいこと書いてますが、リアルでは女性と話すときは緊張しちゃうんですけどね。だから結婚できない。

 

は〜結婚したい。

 

 

 

唐揚げパーティー(ソロ)

前回、8月17日にパイセンから女性を紹介いただけるっていう内容のブログを意気揚々と書いてから早一ヶ月。そのことに関しては今回は多分触れません。察して。慰めて。優しくして。(瞳から雫を垂れ流しながら)

 

しかしね、人間悲しみに暮れているだけでは何も生み出さないんですよ。だから週末に大量の唐揚げを生み出しました。自宅で。一人で。

 

唐揚げのレシピって言ったらこれまた無数に存在するため最早宗教だと知られています。でも実際のところどうせ酒飲みながら食べるんだし適当に強気でいいんだと思うんです。

つまり鶏モモ肉に塩コショウ、酒、醤油、おろしニンニク、おろしショウガ、鷹の爪をババーンと強気でぶっこめばよろしい。

f:id:haretarasake:20180910224044j:image

しっかり揉んだらビール一杯飲む間常温で放置。ここでうっかり味見をするとアナルからも雫を垂れ流すことになるので注意するんだ。

調味料を切って、肉から出た水分ををキッチンペーパーで拭き取って片栗粉をぶっこめ。水分は予め排除した方がサックリ揚がるってどっかのブログに書いてたから間違いない。さあ揚げろ。

f:id:haretarasake:20180911161123j:image

勢いよく肉を油にぶっこむとフライパンから高温の油が飛び出るから注意しろ。(飛び出た)

唐揚げの場合、やれ低温揚げだとか、二度揚げだとか、チャラついたテクニックが蔓延しているらしいが、ここは男らしく強火の一度揚げ。強火の場合表面はこんがりなのに中は生ってことにもなりかねないが、その場合は少し放置すれば余熱で火が入るし、場合によっては潔くアナルから雫を垂れ流すことを許容しろ。

f:id:haretarasake:20180911161137j:image

できた。うまい。

 

悲しみに暮れる精神状態で文字を捻り出したので、いつもよりも勢いを感じる文章に仕上がりました。やはり勢いは大事ですね。

ただ、勢いに乗る余りフライパンから油が飛び出すこともあるし、パイセンに紹介頂いた女性をデートに誘ったら振られることもある。

何事も見極めが大事ですね。

 

は〜。私史上最高に結婚したい。

 

 

独身男性は頼れる先輩に救われる

出会いは勿論無いんですが、同じくらい服も無いんです。

家にある服は全て雑巾の下位互換程度の品質のため、仮に女性と出会ったとしても雑巾以下の布を身に纏ったおじさんの好感度なんて言わずもがなでしょう。つまり服が無いってのは婚活を進める上で大きなハンデを背負ってるってことなんです。婚活格差は広がっていく一方です。何もかも政府が悪い。

じゃあ買えばいいじゃんって話ですね。そうですね。でも世の中には服を買いに行く時に着ていく服すら無い下等生物も存在するんです。

大体服とか必要ですか?乳首と金玉さえ隠れてればいいじゃないですか。それなのに最近の人類と来たらチャラついてピラピラした服を着おってからに。200万年位前の人類を見習えって話ですよ。金玉隠してるだけでしょうが。知らんけど。

そうだ。そもそも人類が服を着ていることが不幸の始まりなんだ。タイムマシンがあれば服という概念を発明した人類を殺しに行くのに。そうすれば人類は今頃乳首を隠すシールと金玉を守るカバーしか身につけず平等だったのに。

いや、待てよ。そうなった場合、乳首シールにプリントされたキャラクターとか金玉カバーの材質や柄、フリルで主張するのが人類だ。やっぱり人類を絶滅させるしかないですね。

 

 

っていうことを飲みながら先輩夫婦に愚痴ってたら割とガチめに叱られました。パイセン曰く、

『服も持ってない奴が結婚とか抜かしてんじゃねーよ!バット持たずにバッターボックスに立つようなもんじゃ!』

とのこと。返す言葉も御座いません。

更にパイセンの奥さんは続けて、

『服装どうにかしたら女の子紹介するよ。』

とのこと。

『パイセン。明日世界一チャラくてモテる服買いに行ってきます。金玉以外も隠せるやつ。』

 

というわけで週末はショッピングモールに世界一チャラくてモテる服を買いに行きました。

 

来たる8月17日、街の居酒屋にて独身女性を紹介いただける予定。後は爽やかな笑顔とウィットに富んだ軽妙なトークを練習して当日に備えます。

 

人生の暗闇に差し込む一筋の光は蜘蛛の糸になるか。期待と不安に苛まれる35歳、夏(猛暑)。

 

は〜。結婚したい。

 

 

 

 

 

 

斬新デザートレシピ

早速ですが、久しぶりに料理でもして独身男性レシピブログっぷりを遺憾なく発揮してやろうかなと思います。焼き炒飯以来ですね。

 

最高に安定する炒飯の作り方 - no wifeなmy life!

 

でも最近は夏の暑さも手伝ってスタンダードな素麺を中心とした簡素なものしか作ってないのでレシピとして斬新さが足りない。せっかくブログに乗せるんなら是非斬新なレシピを。というわけで今回はデザートをやっていきます。

 

まず材料ですが、

f:id:haretarasake:20180810114520j:image

アイスとウィスキー。若干縮尺が狂って見えますが、問題ありません。

f:id:haretarasake:20180810124857j:image

横から見るとこんな感じです。

私知ってしまったんです。アイスにウィスキーぶっかけて食べたら美味しいってインターネッツに書いてあったんです。それ知ってから居ても立っても居られなくなり速攻で自転車に乗ってスーパーカップ買いに行きました。

 

では早速ぶっかけましょう。

 

f:id:haretarasake:20180810141504j:image

と、その前に

f:id:haretarasake:20180810125157j:image

ウィスキー入れるために少し食べます。

ではぶっかけます。

f:id:haretarasake:20180810125244j:image

f:id:haretarasake:20180810134227j:image

f:id:haretarasake:20180810134304j:image

 f:id:haretarasake:20180810134246j:image

f:id:haretarasake:20180810134345j:image

f:id:haretarasake:20180810134400j:image f:id:haretarasake:20180810134457j:image

うわー!あわわわわわわ。

 

結局アイスにかけた倍量のウィスキーがテーブルと絨毯の餌食となりました。許すまじ。

こうなった原因は諸説あります。

①酔っ払っていたから。

②ウィスキーが左手のパワーに対して存外重かったから。

③カメラのアングルを意識するあまり左手への意識がお留守になったから。

④独身だから。

やはり有力なのは④独身だから。

つまり妻さえいれば一人でこの作業をすることはなかったはずなんです。カメラは妻に任せて私は両手でウィスキーを注ぐ作業に集中できていたはずなんです。独身であるがゆえに非力で不器用な左手で重たいウィスキーを持ち上げ、右手はアングルに拘って写真を撮るという無理なワンオペを強いられた結果なのです。

ワンオペとかこのご時世牛丼屋だったら閉店するし、育児だったら離婚の原因にもなりますよ。

とはいえ、そもそももし妻がいればこんなデザート作らせてもらえない可能性が高そうですが。

 

さて何はともあれデザートの完成です。食べましょう。

 

感想ですが、味はとても美味しかったです。ただ、ジャンル的にはデザートではなく酒かなと思いました。食べながらみるみる酔っ払うっていうまぁある意味で斬新デザートとも言えますね。

つーかこんな秒速で酔っ払うデザートほんとにみんな食べてるのか?って疑問が湧き、改めてインターネッツのレシピを確認すると『ウィスキーは2,3滴』って書いてました。まぁそりゃそーだよな。こんな狂ったデザートまともな人間が食べるものじゃないと思ったんだ。

 

ともあれ、バニラアイスとウィスキーは見事にマリアージュ。もちろん私はノンマリアージュ。アイスとウィスキーですら結婚できるというのに何故私はできないんだ。

 

私も誰かとマリアージュしたい。

 

 

 

才能の覚醒

 

人間って少なくともひとつは何かしらの才能を持って生まれてくるんじゃないかなと思います。その才能に気付くか、そして磨き続けることが出来るかが才能を覚醒させる鍵なんだろうとも思うわけです。

エンゼルス大谷翔平選手や将棋の藤井聡太七段はその最たる例ですよね。

 

で、私も最近稀有な才能の持ち主だと気付きました。その才能は、

 

【メガネを無くす才能】

 

もともとメガネがよく無くなるなぁとは思ってたんですよ。今までずっと大体年間2本くらいのペースで無くなってました。これだけでも十分なのに先月遂に才能が覚醒しまして、

 

7月だけで3本のメガネを無くしました。

 

 1本目は出張先で紛失し、2本目は踏み割り、3本目はBBQ会場の川に流されました。このバラエティー豊かな紛失方法は完全なる才能の覚醒ですね。自分が怖いし、出費が凄い。

月間3メガ紛は多分2018年7月の【メガネ無くした本数日本ランキング】1位でしょう。世界ランキングでも5位くらいに入ってるかもしれませんね。知らんけど。

つーかこのペースでメガネが無くなるならメガネって完全に消耗品ですよね。トイレットペーパーよりも消費が早いもん。

 

 

才能ってのは自分で選べないのが辛いところですね。私はできれば結婚の才能が欲しかった。結婚の才能が爆発してれば今頃アラブの王族並みに妻がいたはず。まぁ才能がないから今独身な訳なんですがね。

 

今世は才能がないので努力と運でカバーしましょう。才能は来世に期待。

 

頼むから誰か結婚してくれ。

 

 

呪い

私、こう見えて『彼女いそう』ってよく言われるんです。もし彼女いそう選手権があったら西日本で5本の指に入るレベル。でも妻はもちろん彼女もいない。なんでだ。

 

で、よく考えたんですけど呪いかなって思うわけです。

 

ほら、あるじゃないですか。メジャーリーグのシカゴカブスにおけるヤギの呪いとか、レッドソックスにおけるバンビーノの呪いとか。日本にも阪神タイガースカーネルサンダースの呪いとか。呪われると長い間低迷してしまうんですよね。

 

それで私も誰かに呪われてるんだなって思いました。じゃないとこんなに結婚できない理由がない。問題は呪いの発生源は誰なのかって事なんですが、多分元彼女たちだと思うんです。

 

そこで、あわよくば呪いが解けて結婚できるかもしれないので懺悔します。

 

 

ルミさんへ

 

あなたとは大学時代に3年間ほどお付き合いをしましたね。今目を閉じると、楽しかった日々が昨日のことのように思い出せます。

あなたは覚えているでしょうか。あの日は大学の仲間たちと朝までカラオケで騒ぎ、お互いに泥酔したまま眩い朝日の元私の家まで歩いて帰りましたね。家まではとても遠く、途中の公園で寝ることも検討しましたが止めてくれたのはあなたでした。ようやくたどり着いた私の部屋で、二人でベッドに潜り込んで泥のように眠りましたね。

事件が起こったのは二人が目を覚ました昼過ぎでした。明らかに下半身が濡れている。布団もビショビショ。これはどうやら、あなたがおねしょしたなって確信して私は激昂して言いました。

『テメー22歳にもなっておねしょとか正気じゃないな。下半身ユルユルにも程があるわ!』

その後も罵詈雑言を並べ立て、家から追い出してしまいました。あなたは終始訳がわからないといった顔で帰って行きましたね。

あの後から二人の空気は変わり、結局別れることになりましたね。今考えてもあの時は言い過ぎました。本当にごめんなさい。許してもらえるとありがたいです。

 

 

それと、今だから白状出来ることがあります。

 

あれ、私がおねしょしました。

 

白状したから呪いを解いて。

 

は〜結婚したい。

 

満天の星空の下

出会いが無い。結婚しようにもそもそも出会いが無い訳です。もちろん婚活パーティーだとか楽天オーネットだとか金銭の授受を前提とする出会いの場は近年無数に存在します。

でも出来れば私は無料で出会いたい。

 

 

だから趣味仲間から昇格したいと考えました。

 

 

が、私の趣味って一人バーベキュー及び一人キャンプなんですよね。出会いが皆無で辛みがある。

そういえば最近キャンプアニメかなんかが流行ったみたいで一人キャンプ界隈が騒がしくなっています。10年以上前からずっと趣味としてきた人間としては、仲間が増えるのは嬉しいですね。

ではどうせ女性との出会いなんて微塵も無い趣味だし、折角なんで一人キャンプビギナーのために私の一人キャンプルーチンを紹介させて下さい。

 

 

前日、本番に備えて前夜祭。山ほど飲む。

当日、朝から準備したいが大体二日酔いのため昼から活動開始、バイク又は車で出発。キャンプ場近くの道の駅で夜ご飯の材料購入し、大体16時頃にはテントを張れるように頑張って移動します。

17時を目処に食事の準備をしましょう。メニューはその日見つけた食材によって変わります。単純にバーベキューでもいいし、海辺なら魚を焼いたり煮たりしてもいいですね。

食事が終わったらここからが本番。満天の星空の下、持ってきたスキットルに入れたウイスキーを飲む。脳みそは空っぽで。何も考えない、何も考えなくてもいい時間を満喫します。

 

日付が変わった頃には周囲を見回して人がいないことを確認します。人がいない、誰も来ないと確信を持ったらまずは全裸になります。そして徐ろにイチモツを鷲掴みにしてシバき上げるのです。

 

オナニー?いいえ、これはセックスです。

 

オナニーとは、実際にはそこにないもの(画像・動画・妄想など)を利用して性的興奮を覚えるもの。しかし星空と大自然は確かにここにある。だから紛れもなくこれはセックスなのだ。

 

満天の星空と大自然とのセックス。エロ画像なんて無粋な物は用意せず、ただただ星空と大自然とのまぐわいを楽しみます。風を、波の音を、木々の騒めきを、そして虫の音を五感で楽しみ全身で慈しむ。時には声を張り上げるのもいい。セックスなのだから。最後は大自然への中出しでフィニッシュ。賢者モードで就寝。。。

 

 翌朝、昨晩の出来事を思い出して死にたくなる気持ちを抑えながら中出しポイントのチェック。新しい生命が誕生してないか念のため確認します。何しろセックスだし、中出しなのだから。

 

まぁ多分生命は誕生していないので朝食を取って帰ります。

 

以上が私の一人キャンプルーチンです。真似してもいいですが逮捕されないように励んで下さい。

 

 

は〜。来世は草になりたい。